「Windows 11 Insider Preview Build 22579」がDevチャネル向けにリリース

本日、Microsoftが、Windows Insider ProgramでDevチャネルを選択しているユーザーに対し、「Windows 11」の新しいプレビュービルドである「Build 22579」をリリースしました。

本ビルドでは、IT管理者が外付けUSBドライブをBitLockerの暗号化対象から除外出来る新しいポリシーが導入された他、スタートメニューでアプリのフォルダに名前を付けることが可能になりました。

CPrintDialogを使って印刷ダイアログを表示しているWin32アプリに対し、最新の印刷ダイアログを表示するようになった他、下記のような変更が加えられています。

  • 3本指で左右にスワイプして最近使ったウインドウを切り替えることが可能に
  • 「Get Started」アプリにタスクバーにピン留めするサイトの候補を提案するように
  • タスクマネージャーの全てのページで「新しいタスクの実行」ボタンが利用可能に
  • 「新しいタスクの実行」のアイコンデザインをアップデート

なお、Devチャネルを選択しているユーザーはWindows Updateよりアップデート可能です。

Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。