「Studio Display」に「iPad Air (第4世代)」と「iPad mini (第6世代)」を接続すると…

Appleが昨日に発表した「Studio Display」は「iPad Air (第4世代)」と「iPad mini (第6世代)」には非対応となっていますが、MacRumorsが、Appleに対して「iPad Air (第4世代)」と「iPad mini (第6世代)」を「Studio Display」に接続した場合にどうなるのかを確認した結果を報告しています。

Appleによると、「iPad Air (第4世代)」と「iPad mini (第6世代)」を「Studio Display」に接続した場合、1440pの解像度にダウンスケールされて表示されるそうです。

「Studio Display」が正式にサポートしているMacとiPadは以下の通り。

  • Mac Studio(2022)
  • 16インチMacBook Pro(2019以降)
  • 14インチMacBook Pro(2021)
  • 13インチMacBook Pro(2016以降)
  • 15インチMacBook Pro(2016以降)
  • MacBook Air(2018以降)
  • Mac mini(2018以降)
  • Mac Pro(2019以降)
  • 24インチiMac(2021)
  • 27インチiMac(2017以降)
  • 21.5インチiMac(2017以降)
  • iMac Pro(2017)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
  • 11インチiPad Pro
  • iPad Air(第5世代)

なお、USB-Cポートを搭載しているにも関わらず、「iPad Air (第4世代)」と「iPad mini (第6世代)」がサポート外となっているのは、USB-Cポートのデータ転送速度が関係しており、両モデルのUSB-Cポートは最大5Gbp/sの「USB 3.1 Gen 1」で、「Studio Display」のネイティブ解像度では出力出来ないことからサポート外となっているものとみられています。

Studio Display – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。