「iPhone SE (第3世代)」のベンチマークスコアが明らかに − 4GB RAM搭載も確認

Appleは昨日に「iPhone SE (第3世代)」を発表し、3月18日に発売予定ですが、その「iPhone SE (第3世代)」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかになりました。

GeekBenchは主にCPU性能を測定するベンチマークで、「iPhone SE (第3世代)」のスコアは、シングルコアが1695、マルチコアが4021となっています。

また、「iPhone SE (第3世代)」のRAMは4GBとの報道がありましたが、GeekBenchのデータからもRAMが4GBであることが確認されました。

「iPhone SE (第3世代)」に搭載されているのは「iPhone 13」シリーズと同じA15 Bionicチップ。動作周波数は3.24GHzとなっており、L1/L2キャッシュなどの仕様は「iPhone 13」シリーズに搭載されているA15 Bionicチップと全く同じで、4GBというRAMの容量から「iPhone 13/13 mini」に採用されているものがそのまま「iPhone SE (第3世代)」に搭載された形となります。(iPhone 13 Pro/13 Pro MaxのチップはRAMが6GB)

なお、前モデルである「iPhone SE (第2世代)」のスコアはシングルコアが1312、マルチコアが2819だったので、「iPhone SE (第3世代)」のCPUのパフォーマンスは29〜43%向上しています。

 シングルコアマルチコア
iPhone 13 mini16714465
iPhone 1316724481
iPhone 13 Pro16964646
iPhone 13 Pro Max16944658
iPhone SE (第3世代)16954021
iPhone SE (第2世代)13122819

[via Twitter

1 COMMENT

匿名

バッテリーの兼ね合いから周波数制限かかってるかなっておもってましたが、ベンチ数値見てもそんな感じですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。