「Studio Display」はPCでも利用可能 ー ただ、カメラ機能やファームウェアアップデートなどの一部機能はMacが必要

Appleは昨日に新型外部ディスプレイ「Studio Display」を発表しましたが、MacRumorsによると、「Studio Display」はWindows搭載PCに接続しても利用可能であることが確認されました。

ただ、PCに接続した場合、センターフレームやTrue ToneなどのmacOSを必要とする機能は動作せず、Appleの公式サイトでも「Studio Display」のカメラ機能とファームウェアのアップデートを利用するにはMacに接続する必要があると案内されています。

また、「Studio Display」にはiPadも接続可能ですが、サポートされているのは下記のモデルのみなので注意が必要です。

・12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
・11インチiPad Pro
・iPad Air(第5世代)

なお、「Studio Display」は199,800円からで、3月18日に発売されます。

Apple公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。