「Google Pixel 6a」のものとみられるベンチマークデータが明らかに − Tensorチップと6GB RAMを搭載

Googleは早ければ5月にも「Pixel 6」シリーズの廉価版である「Pixel 6a」を投入すると噂されていますが、その「Pixel 6a」とみられるデバイスがGeekBenchのベンチマークデータベースに登場したことが分かりました。

そのデータがこちらですが、3月5日に登録されており、モデル名は「Google Pixel 6a」で、搭載されている8コアCPUの仕様が「Pixel 6/6 Pro」と同じであることから両モデルに搭載されたTensorチップがそのまま採用される模様。

GeekBenchは主にCPUの性能を測定するベンチマークの為、CPUの仕様が変わらない為、ベンチマークスコアはシングルコアもマルチコアも「Pixel 6/6 Pro」と同等の性能となっています。

また、搭載されるRAMの容量は6GBとなっており、CPUは変わらないものの、RAMの搭載容量では「Pixel 6」の8GBや「Pixel 6 Pro」の12GBと差が付けられる形となるようです。

なお、「Pixel 6a」の発売時期については、5月にと言われていますが、最近になって7月まで延期された可能性があるとも報じられています。

[via mysmartprice

「Google Pixel 6a」の発売は7月に延期か − 「Pixel Watch」は5月発売の予定だが、こちらも延期される可能性あり Googleの「Pixel Watch」と「Pixel 6a」がキャリアの在庫データベースに登場した模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。