Microsoft、ロシアでの製品やサービスの新規販売を停止 − ウクライナ侵攻を受け

本日、Microsoftが、ロシアでの新規販売を停止すると発表しました。

これはロシアによるウクライナ侵攻を受けたもので、ロシアにおける同社製品およびサービスの新規販売を全て停止するとのこと。

同社の活動の中で最も影響力のある分野はサイバーセキュリティの保護であることから、同社はウクライナのサイバーセキュリティ担当者がロシアの攻撃から身を守ることができるよう積極的に活動しており、ウクライナ侵攻が始まって以来、20以上のロシアからの攻撃に対処した他、複数の民間サイトを標的としたサイバー攻撃にも対処してきたそうです。

また、ロシアによるウクライナ侵攻については、不当で、不法な侵略であると非難しています。

なお、Appleも先日にロシアでの全製品の販売を停止することを発表しています。

Microsoft

「Spark」などで有名なReaddleがロシアのApp StoreとGoogle Playから撤退 ロシア最大のApple専門店が店舗を一時閉鎖 − 経済制裁の影響 Apple、ロシアで全製品の販売を停止 − ロシア国営メディアのアプリも配信停止

1 COMMENT

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。