「iPad」への有機ELディスプレイ採用は2024年か

韓国のThe Elecが、有機ELディスプレイを採用した「iPad」は2024年に発売が予定されていると報じています。

これはSamsung Displayがパネルに2つの発光層を持つ2スタックタンデム構造の有機ELパネルの開発に着手したとの情報を伝える記事の中で明らかにされたもので、Samsung Displayは2024年に発売が予定されているAppleの有機EL採用「iPad」の受注を獲得するために、このパネルの開発を進めているとのこと。

現在製造されている1層構造に対して2層構造にすることで、有機ELパネルの輝度が2倍になり、寿命も4倍になることが期待されているそうで、Samsung Displayはこの新しい有機ELパネルの材料を「Tシリーズ」(TはTandem/タンデムの略)と名付けた模様。

上述した通り、Appleは2024年に有機ELディスプレイを搭載した「iPad」を発売するとみられていますが、その後、「MacBook」や「iMac」にも有機ELディスプレイが採用されると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。