Fitbit、スマートウォッチ「Ionic」のリコールを発表 − バッテリーの過熱問題を受け

Engadgetによると、Fitbitが、日本では2018年に発売したスマートウォッチ「Ionic」のリコールを発表したことが分かりました。

これは「Ionic」のユーザーから過熱による火傷被害が報告されたことを受けたもので、これまでに118件の火傷の報告があったそうです。

同社の発表によると、ごく限られたケースではあるものの、「Ionic」のリチウムイオン電池が過熱し、火傷の危険性があることから、2017年から2020年にかけて製造・販売したスマートウォッチ「Ionic」の自主回収を実施するとのこと。

米国消費者製品安全委員会の調査によると、「Ionic」のバッテリーが過熱したという報告は少なくとも174件で、それによる火傷の報告数は米国内で78件、それ以外の地域で40件だったそうです。

「Ionic」の販売台数は、米国で約100万台、米国外で69万3,000台となっており、販売台数に占める割合は少ないかもしれないが、同社は慎重を期してこの措置を実施したとのこと。

リコールで返金対応となるようですが、日本での正式発表はまだの為、返金額などの詳細は不明です。

なお、リコールの問い合わせページは用意されており、対象のユーザーは下記サイトをご覧下さい。

【追記】
Fitbit社より公式声明がありましたので、下記に引用追記させて頂きます。

Fitbitは、お客様の安全を常に最優先事項としております。
この度、慎重を期してFitbit Ionicスマートウォッチを自主的にリコールすることと致しました。
非常に限られた件数ですが、Fitbit Ionicスマートウォッチのバッテリーが過熱し、火傷の危険があるという(米国規制当局発表の合計では、販売台数の0.01%未満)報告を受けています。
これらの事故は非常にまれであり、このリコールは他のFitbitスマートウォッチやトラッカーには影響を及ぼすことはありません。

Fitbit Ionic リコール – Fitbit

Fitbit、新型スマートウォッチ「Fitbit Ionic」を1月18日より国内でも正式に発売へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。