「iPhone XS」以降のFace IDの修理、今後は本体交換ではなく部品交換で対応へ

MacRumorsによると、「iPhone XS」以降のモデルでFace IDが故障した場合の修理で、AppleはiPhoneの本体を丸ごと交換するのではなく、Face IDとその周辺の部品のみの交換で対応出来るようにすることが分かりました。

これは同サイトが信頼出来る情報筋から入手した内部文書から明らかになったもので、Apple StoreとAppleの正規サービスプロバイダは、Face IDの修理に本体交換ではなく、部品交換で対応出来るようになるとのこと。

交換されるのはFace IDとフロントカメラのモジュールなどで、これにより二酸化炭素の排出量の削減やユニット全体の修理数を減らすのに役立つ模様。

なお、この対応はまもなく行われるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。