任天堂、「マリオ」や「ゼルダ」シリーズの開発に関わっているSRDを子会社化

本日、任天堂が、ゲーム開発会社のSRDを子会社化することを発表しました。

SRDは、約40年に渡って任天堂のゲーム開発に深く関わり続けている会社で、開発に関わった作品は「ドンキーコング」「スーパーマリオ」「ゼルダの伝説」「どうぶつの森」などで、任天堂のコンソールでは人気のシリーズのほぼ全てのタイトルに関わっています。

SRDを子会社化することで、同社の経営基盤を強化し、ソフトウェア開発のリソースを将来に渡って安定的に確保することが出来る他、開発効率の向上も見込まれるそうです。

なお、子会社化は任天堂がSRDの全株式(同社が保有する自己株式を除く)を取得する形で行われ、2022年4月1日に実行する予定とのこと。

プレスリリース(PDF)
SRD – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。