Microsoft、「Windows 11」上でAndroidアプリを実行するための最小システム要件を公開

先日、「Windows 11」向けに最新の機能アップデートが提供され、米国のユーザー向けにAndroidアプリ/ゲームを「Windows 11」にインストールして実行出来る機能の提供が開始されましたが、Microsoftが「Windows 11」上でAndroidアプリを実行するための最小システム要件を公開しています。

その詳細は下記の通りで、RAMは最低でも8GB必要で、ストレージはSSDが指定されています。

RAM8GB 以上
(16GBが推奨)
ストレージSSD
プロセッサIntel Core i3 第8世代 以上
AMD Ryzen 3000 以上
Qualcomm Snapdragon 8c 以上
プロセッサの
アーキテクチャ
x64 もしくは ARM64
仮想マシンプラットフォーム設定を有効化する必要あり
(詳細はこちら

また、Intel Coreプロセッサは2017年モデルがサポートされていますが、AMD Ryzenプロセッサは2019年モデル以降のサポートとなっているので注意が必要です。

あまり厳しい仕様ではないものの、もし「Windows 11」上でAndroidアプリを動作させたい方でPCを買い替える場合は上記仕様も頭に入れておく必要があります。

[via 9To5Google

Microsoft、「Windows 11」向けに最新の機能アップデートを提供開始 − タスクバーの改良やAndroidアプリのサポートのプレビューなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。