「Adobe Photoshop」がWebP画像を正式にサポート

Adobeが、「Photoshop」で「WebP」ファイル形式を正式にサポートしました。

これは「Photoshop」の最新版であるバージョン23.2で行われたもので、プラグインや環境設定を必要とせず、「Photoshop」でWebPファイルを開き、作成、編集および保存できるようになりました。

「WebP」は、Googleが開発した画像フォーマットで、Webサイトへ埋め込む静止画像に適した画像フォーマットとして、既存のJPEGやGIF、PNGの置き換えを目指しており、最近は採用しているWebサイトが増えています。

なお、バージョン23.2では、他にも油彩フィルターのパフォーマンスの向上や共有オプションを簡単に見つけるオンボーディング機能の追加、Win ARMデバイスでの「編集に招待」のサポート、新しいカメラとレンズのサポートなども行われており、詳細は下記ニュースリリースをご覧下さい。

・ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。