「Windows 11 Insider Preview Build 22557」がDevチャネル向けにリリース − 多数の新機能が追加

本日、Microsoftが、Windows Insider ProgramでDevチャネルを選択しているユーザーに対し、「Windows 11」の新しいプレビュービルドである「Build 22557」をリリースしました。

本ビルドでは、スタートメニューに「ピン留め済み」セクションにフォルダを作成できるようになり、アプリを整理する方法が増えました。現時点ではフォルダに名前を付けることは出来ないものの、今後のビルドでは可能になる予定です。

ファイルエクスプローラーでのピン留めが改善され、クイックアクセスでフォルダに加えてファイルもピン留めできるようになりました。

「OneDrive」との連携も強化されており、ファイルエクスプローラー上で同期状況やクラウドストレージの使用量が確認可能になりました。

「ライブキャプション」機能が搭載され、字幕は画面の上部および下部、フローティングウィンドウに表示することが可能で、現時点では対応言語は英語(US)のみとなります。

また、通知の表示の制限を行う「Do Not Disturb」と作業に集中できる環境を整える「Focus」機能が搭載された他、下記の新しいタッチジェスチャーが搭載されました。

  • タスクバーの中央から上にスワイプしてスタートメニューを表示可能に
  • スタートメニューで左右にスワイプで「ピン留め済み」アプリと「すべてのアプリ」を切り替え可能に
  • スタートメニューで下にスワイプでメニューを閉じることが可能に
  • タスクバーの右部分から上にスワイプして「クイック設定」を表示可能に
  • クイック設定で下にスワイプして閉じることが可能に

他にも、タスクバーでドラッグ&ドロップがサポートされ、「タスクマネージャー」のデザインがWindows 11に合わせたデザインに刷新されるなど多数の変更が加えられています。

なお、Devチャネルを選択しているユーザーはWindows Updateよりアップデート可能です。

Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。