Microsoft、3Dオーディオマップアプリ「Soundscape」の日本語版をリリース − ソニーの「LinkBuds」とも連携可能

本日、日本マイクロソフトが、3Dオーディオマップアプリ「Soundscape」の日本語版をリリースしたことを発表しました。

「Soundscape」は、現在地の道路や交差点などの情報や、周辺にある店舗名などのポイントを3Dの音声で読み上げたり、目的地の方向をサウンドで知らせることで、不慣れな場所をより快適に移動することを支援したり、新しい発見をしながら街歩きを楽しむことができるアプリ。

よく行く場所や気になる場所、また曲がり角などをマーカーとして保存したり、目的地として設定することができ、目的地を設定すると、その方向からサウンドが聞こえ、目的地までの距離も読み上げるので、正しく安心して目的地に近づくことができます。

また、保存したマーカーや作成したルートは、他の「Soundscape」ユーザーと共有することも可能で、その場所に行けなかったり、操作が難しいユーザーの代わりにマーカーやルートを作成して、その人の移動を支援することも可能です。

「Soundscape」は有線・無線どちらのヘッドホンでも利用できますが、本日発表されたソニーのワイヤレスヘッドホン「LinkBuds」では本体に内蔵されたコンパスとジャイロセンサーを使用して頭の向きを認識出来る機能が搭載されており、これにより、街歩きの際にスマートフォンを手に持たずに目的地からの音声を認識することができます。

また、「LinkBuds」の耳をふさがない特長を生かし、周囲の音を自然に聞きながら目的地方向からの音声や周囲にある建物や交差点などの情報を音声で得られ、より多くの方の快適な街歩きをサポートするとのこと。

Sony LinkBuds – Amazon
Soundscape – 公式サイト

Microsoft Soundscape

Microsoft Soundscape

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」、国内では2月25日に発売へ − 予約受付も開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。