「HoloLens 3」はまだ死んでいない?? − 開発責任者が反論

(画像はHoloLens 2)

先日、Microsoftの複合現実ウェアラブルデバイス「HoloLens」の次期モデルである「HoloLens 3」は登場しない可能性があることをお伝えしましたが、「HoloLens」の産みの親とも言われ、同デバイスの開発責任者であるAlex Kipman氏がこの情報に反論するツイートを行っています。

先日の情報では、「HoloLens」の開発チーム内では今後の方向性に関する意見の相違やその他のトラブルが原因で分裂状態に陥っており、Metaなどのライバル企業に移籍する人が後を経たないことなどから、2021年半ばに「HoloLens 3」のプロジェクトは廃案になったと報じられていました。

これはMicrosoftの20人以上の現役もしくは元社員から聞いた情報を元に書かれた情報で、記事を書いたDaniel Rubino氏も「これほど混沌としている部門、Microsoftを長年取材してきた中でも聞いたことがない」と述べるほどでした。

Alex Kipman氏はこの報道を受けて、Twitterで「インターネット上の情報を鵜呑みにしないように」と反論しており、「HoloLens」は絶好調で、過去には「HoloLens 2」もキャンセルされたと報じられたものの、実際には発売していることも引き合いに出しています。

実際のところはMicrosoftの発表を待つしかないのが現状ですが、責任者のAlex Kipman氏が反論していることから、何らかの開発は継続している可能性は高そうです。

「HoloLens 3」は登場しない可能性が浮上 − 開発チーム内の方向性の不一致などが要因との情報

[via Windows Central

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。