NTTドコモ、モバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を発表

本日、NTTドコモが、現在利用中の固定電話機と、市外局番から始まる固定電話番号をそのまま利用出来るモバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を、2022年3月下旬から提供すると発表しました。

また、「homeでんわ」の提供開始に伴い、専用機種「homeでんわ HP01」を発売することも発表しています。

「homeでんわ」は、「03」などの市外局番から始まる固定電話番号から受発信ができる、ドコモのモバイルネットワークを利用した固定電話サービスで、新たに固定電話番号が必要となったユーザーは、固定電話機と専用機種「homeでんわ HP01」を用意することで、工事をすることなく、簡単に利用を開始することが可能です。

また、現在固定電話サービスを利用中のユーザーは、「homeでんわ」のサービスを申し込んだ上、利用中の固定電話機に専用機種「homeでんわ HP01」を接続するだけで簡単に移行することが可能で、市外局番からはじまる現在利用中の固定電話番号をそのまま引き継げます。

「homeでんわ」の料金は、「homeでんわ ライト(月額基本料金:1,078円)」と「homeでんわ ベーシック (月額基本料金:2,178円)」の2つのプランから選択可能で、ドコモのスマートフォン、またはホームルーター「home 5G」を契約中のユーザーは「homeでんわ セット割」が適用され、「homeでんわ」の月額基本料金が528円割引となり、「homeでんわ ライト」は毎月550円から利用でき、契約期間の設定はなく、解約金などの費用も発生しません。

固定電話への通話料金は8.8円/3分、携帯電話への通話料金は17.6円/分となっており、FAXは無料で利用可能で、「homeでんわ ライト」の場合は通話中着信(300円)や発信者番号表示(440円)などのオプションを自分で選んで追加する必要があり、「homeでんわ ベーシック」は各種オプションが全て込みのプランとなっています。

なお、別途、初期費用として、契約事務手数料(2,200円)および番号継続登録料(2,200円)が必要です。

ニュースリリース

3 COMMENTS

匿名

ソフトバンクも同様だからドコモだけを責めるつもりはないけど、
なんでモバイル回線なのに番号表示がオプションになるのだろうか
NTTの利権かな

返信する
匿名

携帯だとかけ放題があるのに、
同じ回線でこれは何故ないのか?
お年寄りを騙そうとしているプランにしか見えないな。
若い人が固定電話必要としていないのが一目瞭然だし。

返信する
匿名

料金が固定回線準拠だから早々にNTT網に渡しているっぽい。
固定電話でかけ放題は無いのだから騙すのとは違うと思う。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。