Apple、「macOS Catalina」ユーザーに「macOS 12.3 Beta」をインストールするとブートループが発生する可能性があることを警告

Appleが開発者に対し、Macに「macOS Catalina」がインストールされている場合、FileVaultを有効にしたボリュームに「macOS Monterey 12.3 beta」または「macOS Big Sur 11.6.4 beta」をインストールするとブートループの問題が発生する可能性があることを案内しています。

これはAppleが先日にリリースした「macOS Monterey 12.3 Beta」のリリースノートに追記して警告しているもので、FileVaultを有効にしたボリュームに「macOS Monterey 12.3 beta」または「macOS Big Sur 11.6.4 beta」をインストールすると前のボリュームにログインし直そうとするブートループの問題が発生する可能性があるそうです。

「macOS High Sierra」以降を搭載したMacでは、macOSを別のAPFSボリュームにインストールし、ベータ版を含むmacOSのバージョンを、それぞれが別個のディスク上にあるかのように切り替えて使うことが可能となっていますが、「macOS Catalina」をインストールしていて、両ベータ版もインストールしようとする場合は注意が必要です。

個別の APFS ボリュームに macOS をインストールする – Apple

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。