MacにもU1チップを搭載か − 「macOS 12.3 beta」のシステムファイルからヒントが見つかる

昨日、Appleが「macOS Monterey 12.3 beta 1」をリリースしましたが、9To5Macによると、その「macOS Monterey 12.3 beta 1」の内部システムファイルから将来的にMacにもUWB(超広帯域無線通信)が搭載されることが予想出来るヒントが見つかったことが分かりました。

「macOS Monterey 12.3 beta 1」にはUWB技術のサポートに必要なフレームワークとデーモンが追加されており、これらはU1チップを搭載したiOSデバイスでUWBのサポートを提供するために既に使用されているものと同じものだそうです。

Appleは2019年に発売したiPhone 11で初めてUWB技術を搭載し、その後、Apple WatchやHomePod mini、AirTagなどにも搭載されるようになっており、AirDropの高速化、CarKey認証、AirPlayの高速転送、「探す」ネットワークでの正確な位置情報などを実現しています。

もし、MacにU1チップが搭載される場合、これらの利点がMacにも拡大される可能性がありますが、まだ最新のiPadにも搭載されていないことから、iPadやMacにいつ搭載されるのかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。