「iPadOS 15.4」と「macOS Monterey 12.3」のベータ版、ユニバーサルコントロールが利用可能に

本日、開発者向けに「iPadOS 15.4」と「macOS Monterey 12.3」のベータ版がリリースされましたが、MacRumorsによると、「iPadOS 15.4」と「macOS Monterey 12.3」のベータ版ではユニバーサルコントロールが利用可能になっていることが分かりました。

ユニバーサルコントロールは1つのキーボード、マウス、トラックパッドを使って、MacとiPadの間でシームレスに作業できるようになる機能で、カーソルをMacから直接iPadに動かしたり、Macで入力した文字をiPadに表示させることも可能です。

元々は「iPadOS 15」と「macOS Monterey」の正式リリースに合わせて搭載される予定だったものの、開発が遅れており、現時点では今春まで延期することが案内されています。

なお、「iPadOS 15.4」と「macOS Monterey 12.3」のベータ版で問題がなければこのまま正式に提供されるものと予想されます。

「macOS Monterey」と「iPadOS 15」の新機能「ユニバーサルコントロール」の提供は来春までずれ込むことが明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。