日本通信、月額基本料290円の「合理的シンプル290」を提供開始

本日、日本通信が、データ通信と音声通話の両方を携帯キャリアの原価ベースで調達できるようになったことをフル活用し、月額基本料290円(税込)の合理的な携帯料金プラン「合理的シンプル290」の提供を開始しました。

「合理的シンプル290」は、基本料290円(データ通信量1GB付き)、通話は11円/30秒、データは220円/GBのプランで、データ利用量の上限を設定できる「上限設定機能」が用意されており、ユーザー自身で、1GBから100GBの間の1GB単位で上限設定をすることが可能です。

定額プランとの大きな違いは、仮に3GBに上限設定しておいても、2GBにおさまれば月額510円(基本料290円+220円)で済むことで、従量制の良さと定額制の安心感を兼ね備えた合理的な携帯料金プランが「シンプル290」となっています。

さらに、70分/月まで国内通話が定額で利用出来るオプションが700円/月、通話かけ放題が1,600円/月で用意され、通話をメインで使用するユーザーであれば、1GB付き基本料と通話かけ放題をあわせても月額1,890円となります。

プラン詳細ページ – 日本通信
ニュースリリース

2 COMMENTS

匿名

OCNより安いね
ありとあらゆる価格が高騰している現在、1回線290円で商売になるのだろうか

返信する
匿名

トータルで見ればバカ安いんだけど
カード情報と身分証まで終わって
最後に手数料見せられたら反射でブラウザ閉じちゃったわ。
安さが逆に手数料を高く感じさせる沼
せめてダウンロード販売エントリーコードでも同時に出すべきだった。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。