Apple、「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」のマクロ写真が対象のフォトコンテスト「Shot on iPhoneチャレンジ」を開催

本日、Appleが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxのユーザーが傘下可能なフォトコンテスト「Shot on iPhone チャレンジ」を開催することを発表しました。

対象はiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxで撮影したマクロ写真で、撮影した写真をInstagramまたはTwitterでハッシュタグ「#ShotoniPhone」と「#iPhonemacrochallenge」を付けて投稿することで応募完了となります。

業界の選りすぐりの審査員とAppleが世界中からの応募作品を審査し、最も優秀な10作品を選出するとのことで、入賞作品はApple Newsroomのギャラリーページ、公式サイト、AppleのInstagramアカウント、その他のApple公式アカウントで公開される他、各種のデジタル広告、Apple Store直営店、屋外広告、一般公開される写真展などで公開される場合があるとのこと。

なお、チャレンジの応募期間は、本日より2022年2月16日(日本時間2月17日)までで、入賞者は4月に発表予定です。

プレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。