Microsoft、「One Outlook」を今春に正式発表か

[via The Verge

以前よりMicrosoftはコードネーム「Monarch」と呼ばれる「One Outlook」と呼ばれる新しいメールアプリをテストしていると何度か報じられていますが、Microsoftに精通したZDNetのMary-Jo Foley氏によると、「One Outlook」は今春にも正式に発表される予定であることが分かりました。

Microsoftは「One Outlook」の社内テストを数ヶ月間実施しており、そのテスト範囲は次第に大規模になってきているようで、同氏の情報筋によると、「One Outlook」は今春に正式に発表される予定とのこと。

正式発表を前に今年3月下旬から4月上旬にかけてWindows Insider ProgramでDev/Betaチャネルを選択しているユーザー向けにこの新しい「Outlook」のテスト版の提供が開始され、今年の7月末か8月までにはRelease Previewチャネル向けに提供したいと考えているようですが、秋までずれ込む可能性もあるようです。

「One Outlook」は、複数のデスクトップ向けOutlookクライアントアプリをウェブベースで構築された1つのアプリにまとめたい意向から開発されているもので、MicrosoftはWindowsでもMacでも同じユーザー体験を提供することを目指しており、ウェブ版の「Outlook」に似たユーザーインターフェイスになると言われています。

なお、過去に報じられた情報では、Windows 10の標準の「メール/カレンダー」アプリが「One Outlook」に置き換えられるとのことでしたが、少なくとも「One Outlook」の正式リリース時には「メール/カレンダー」も残されるようです。

Microsoftの「One Outlook」アプリが流出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。