Google、「Boreal」というコードネームの新型「Chromecast」を準備中か

Googleの「Chromecast」の現行モデルである「Chromecast with Google TV」は発売から1年ちょっと経っていますが、9To5Googleによると、Gogoleが新型「Chromecast」を準備中であることが分かりました。

同サイトが閲覧したGoogleの内部文書によると、同社は「Boreal」というコードネームのAndroid搭載デバイスを開発中とのことで、Androidのコード内からも「Boreal」のコードネームが見つかっており、コードネームは「Chromecast with Google TV」を指すコードネーム「Sabrina」と同じ系列で見つかった模様。

「Boreal」の仕様に関する情報は今のところ何も出て来ていないようですが、動画向けの高圧縮フォーマット「AV1」のハードウェアデコードはほぼ間違いなくサポートされるだろうと予測しており、発売時期に関しては年内に発売する意向であるとの情報があるようです。

ただ、現行の「Chromecast with Google TV」の発売から1年ちょっとしか経っておらず、次期モデルが登場するには早過ぎる為、もしかしたら上位モデルなどの新型である可能性も予想されています。

なお、昨年8月に新型「Chromecast」とみられるモデル番号「GJQ9T」の未発表製品がFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過していますが、この「GJQ9T」は「Google Nest Cam」であることが確認されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。