Microsoft、デザインを刷新した「Windows 11」のタスクマネージャーを準備中

本日、Microsoftが、Windows Insider Programで「Windows 11」の新しいプレビュービルド「Build 22538」をリリースしましたが、その「Build 22538」には新しいデザインのタスクマネージャーが隠されていることが分かりました。

タスクマネージャーは、PC上で動作しているプロセスやプログラムやコンピュータ自体の一般的な状態に関する情報を提供するシステムモニタで、「Build 22538」で見つかった新しいタスクマネージャーはFluent Designを採用しているのが特徴。

まだ初期ビルドの為、正常に動作しないものの、タブ式のインターフェイスからサイドバーを用いたユーザーインターフェイスに刷新されており、新しいデザインのスクリーンショットを開発スタジオのFireCubeが多数公開しているので、下記ツイートをご覧下さい。

また、あくまで開発中のバージョンで、隠されているのですが、ViVeToolを利用して有効化することは可能なようです。

[via Windows Central

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。