次期「iPhone SE」の生産は3月から開始か − 発売は4月後半〜5月前半になる見込み

(画像は現行のiPhone SE)

Appleは今春に次期「iPhone SE」を発売すると噂されていますが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が、その次期「iPhone SE」に関する最新情報を報告しています。

同氏によると、今春に発売される次期「iPhone SE」のディスプレイは今月より生産が開始され、本体の組み立ては3月から開始される可能性が高いそうです。

そのことから、発売は4月後半から5月前半になり、出荷は4月下旬から5月上旬になる可能性が高いと予想しています。

なお、次期「iPhone SE」は、5G対応やA15チップ搭載など内部ハードウェアがアップグレードされるものの、ディスプレイサイズやデザインは現行モデルから変わらないと言われています。

5.7インチのディスプレイを採用した「iPhone SE」が早ければ2023年に登場か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。