「iPhone 14」シリーズは全てのモデルがProMotionディスプレイと6GB RAMを搭載との予測

MacRumorsによると、Haitong International SecuritiesのアナリストであるJeff Pu氏が、Appleの「iPhone 14」シリーズに関する最新のレポートを公開したそうです。

同氏は、「iPhone 14」では全てのモデルで120Hzのリフレッシュレートに対応したProMotionディスプレイが搭載されると予測しています。

また、「iPhone 14」シリーズのRAMの搭載量に関する予測も行っており、「iPhone 13」シリーズでは「iPhone 13/13 mini」は4GB、「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」は6GBのRAMを搭載しているものの、「iPhone 14」シリーズでは全てのモデルが6GBのRAMを搭載するとのこと。

さらに、他のアナリストや市場調査会社の予測と同じく、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は4,800万画素のメインカメラを搭載すると予測しています。

ただ、Jeff Pu氏の情報の的中率は50%ほどなので、話半分で捉えておいた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。