Twitterの「スペース」、録音機能が全てのユーザーで利用可能に

本日、Twitterが、音声チャットルーム「Spaces(スペース)」の録音機能がiOSとAndroidの全てのユーザーで利用可能になったことを発表しました。

「スペース」は、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する新しい方法で、録音機能は2021年10月にiOSの一部ユーザー向けに提供が開始され、同12月にAndroidでも一部ユーザーで利用可能になっていましたが、両OSともに全てのユーザーに解放されました。

なお、録音した内容は「スペース」の終了から30日間は再生可能で、ホストはいつでも削除可能です。

Twitterのスペースについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。