「iPhone 14 Pro」の前面デザインはこんな感じに?? − モックアップ画像が登場

Appleが今年発売するであろう「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルは、ピル型(カプセル型)の穴が開いたパンチホール型ディスプレイを採用すると噂されていますが、「iPhone 14 Pro」が実際にどんな感じになるのかが良く分かるモックアップ画像が公開されていたので紹介します。

「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」はパンチホール型ディスプレイを採用し、フロントカメラなどの穴の形状はピル型(カプセル型)になり、Face IDの一部(センサーなど)がディスプレイに内蔵されるデザインになると言われています。

開発者のJeff Grossman氏が公開した「iPhone 14 Pro」のモックアップ画像が下記画像で、ステータスバー周り(各種アイコンの配置など)はパンチホールに合わせて微調整が加えられるものと予想されますが、噂通りになるとすればこんな感じのデザインになるものと思われます。

なお、「iPhone 14/14 Max」については、フロントカメラ用の穴が大きくなるものの、引き続きノッチ有りのデザインが採用されると言われています。

「iPhone 14」シリーズの前面デザインの最新情報 − 「iPhone 14 Pro」はパンチホール型でFace IDの一部が画面内蔵に??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。