米Dell、4K Webカメラを搭載した31.5インチディスプレイ「UltraSharp 32 4K Video Conferencing Monitor (U3223QZ)」を発表

本日、Dellが、米ラスベガスでスタートした「CES 2022」に合わせて、外付けディスプレイの最新モデル「UltraSharp 32 4K Video Conferencing Monitor(U3223QZ)」を発表しました。

本製品は、31.5インチのIPS Blackパネルと呼ばれるIPSパネルを採用し、従来のIPS液晶よりもコントラスト比や視野角が改良されており、解像度は3,840×2,160ドット、リフレッシュレートは60Hzに対応しています。

他の仕様は下記の通り。

・輝度:400cd/m²
・DisplayHDR 400対応
・色域:sRGB 100%/Rec 709 100%/DCI-P3 98%
・コントラスト比:2,000:1
・視野角:左右178度
・応答速度:ファーストモード時5ms/通常モード8ms

また、入力/出力ポートは下記の通り。

【入力】
・HDMI 2.0×1
・DisplayPort 1.4×1
・USB Type-C(DP1.4対応、PD/90W供給)

【出力】
・DisplayPort×1
・USB Type-C×1
・USB Type-C(USB 3.2 Gen 2/10Gbps、PD/15W)×1
・USB Type-A(USB 3.2 Gen 2/10Gbps)×4
・USB Type-A(USB 3.2 Gen 2/10Gbps 、BC1.2)×1
・Gigabit Ethernet×1
・ヘッドフォン端子×1

VESAマウント(100×100mm)に対応したスタンドが付属し、高さや前後左右の角度調整も可能となっており、最大の特徴としてはディスプレイ上部に4K/30fpsの動画が撮影可能な円筒型のソニー製STARVIS CMOSセンサーを採用したWebカメラが搭載されています。

なお、米国では現地時間3月29日に発売予定で、価格などはまだ未発表です。

[via The Verge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。