「iPhone 14/14 Max」は「iPhone 13」と同じ「A15」チップを採用との噂

台湾の経済日報が、Appleが今年発売するであろう「iPhone 14」シリーズのラインナップや搭載チップ、組み立て業者に関する予測のまとめ記事を公開しています。

「iPhone 14」シリーズのラインナップは、これまでに何度も報じられている通り、6.1インチと6.7インチのミドルレンジモデルが2モデル(iPhone 14/iPhone 14 Max)、6.1インチと6.7インチのハイエンドモデルが2モデル(iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max)の4モデル構成になるとのこと。

搭載されるチップについては、「iPhone 14 Pro」シリーズはTSMCが4nmプロセスを用いて製造する「A16」チップが採用されるものの、「iPhone 14」シリーズは「iPhone 13」と同じ「A15」チップが引き続き採用されるものとみられています。

また、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」と「iPhone 14」の組み立てはFoxconnがメインで担当し、Luxshare Precision(立讯精密)が「iPhone 14 Pro」の組み立てを2番手で請け負い、「iPhone 14 Max」の組み立てはPegatron(和碩聯合科技)が担当する模様。

さらに、「iPhone 14」シリーズの全モデルがWi-Fi 6Eをサポートし、オートフォーカス機能付きフロントカメラのレンズは5枚構成から6枚構成にアップグレードされるだろうと予測しています。

他にもディスプレイやカメラのことも書かれていますが、これらは過去に他の海外サイトが報じた内容をまとめているだけなので、下記のエントリをご覧下さい。

LG Display、Appleにパンチホール型ディスプレイを供給か 「iPhone 14」シリーズのProモデルは8GBのRAMを搭載するとの怪しい情報

5 COMMENTS

匿名

無印iPadと同じ扱いを想定しているならありえそう
個人的にはチップはProと同等で、液晶やカメラを差別化してほしいな

返信する
匿名

ありはありだろうけど、
これなら継続して売られるであろうiPhone13 miniあたりが値下げしていれば、そっちの方が狙い目だな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。