Apple、「Apple Watch」のデジタルクラウンをセンサー式に置き換えることを検討か − 特許から明らかに

デジタルクラウンと言えば初代から現行モデルに至るまでずっと「Apple Watch」の本体側面に搭載されている竜頭型のボタンですが、Appleがこのデジタルクラウンをセンサー式に置き換えることを検討していることが分かりました。

これはAppleが米国特許商標庁に出願した特許から明らかになったもので、特許のタイトルは「Watch with optical sensor for user input(ユーザー入力用の光学センサー付き時計)」となっており、本体右側面のデジタルクラウンが光学センサーに置き換えられ、光学センサーを用いてユーザーインターフェイスの操作を行うことが解説されています。

また、デジタルクラウンを光学センサーに置き換えることで、「Apple Watch」の耐久性を向上させることが出来る他、新しいセンサーやより大きなバッテリーのために筐体内に新たなスペース確保できるようになると述べています。

光学センサーは「Apple Watch」の本体に触れても触れていなくても利用可能で、ユーザーの動き、位置、向き、速度、加速度、接触などを検出することが可能で、Series 4以降はデジタルクラウンに電気式の心臓センサーも搭載されていますが、この特許によると、光学センサーは心拍数や呼吸数、血液酸素濃度、血圧などの計測にも使用可能と案内されています。

あくまで特許なので、実際に採用されるのかどうかは不明ですが、もし採用されるとなった場合でも数年はかかるものとみられています。

[via Patently Apple / 9To5Mac

3 COMMENTS

匿名

俺は2回壊れたよ
内1回はリューズのすっぽ抜けで気付いた時には無かった

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。