ディーフ、「iPhone 13/13 Pro」向けにアルミ製と特殊樹脂製の2つのバンパーを発表

本日、ディーフが、Appleの「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」に対応したバンパー「CLEAVE Bumper for iPhone」と「CLEAVE G10 Bumper for iPhone」を2022年1月中旬より発売すると発表しました。

バンパーのデザインはCLEAVE生誕10周年を記念してモデルチェンジをしたものを「iPhone 13」に合わせてブラッシュアップしており、高画質化のためにより大きくなったカメラユニットの「iPhone 13」ではデザインバランスが大きく崩れた為、カメラモジュールの保護は先に発売した「HYBRID CAMERA LENS COVER」に任せて、CLEAVEはiPhoneの周囲を守る本来のスタイリッシュな形状が採用されています。

CLEAVE Bumper for iPhone

「CLEAVE Bumper for iPhone」は強靱なアルミニウム合金A6061を主素材に採用したバンパーで、最も影響が大きい4Gと5Gのアンテナゾーンを削り込んで開口し、通信の安定性をiPhone 12用バンパーと比べて十数%改善しているそうです。

また、機構部品を持たないシンプルなジョイントのQuickLock 2を採用し、本体の表面処理はDiamond Carving(菱形の彫刻)にカラーアルマイト(溶酸化処理)仕上げとなっています。

なお、カラーはグラファイト、ブルー、ゴールドの3色展開で、価格は7,980円(税込)となります。

CLEAVE Bumper for iPhone – Deff
ニュースリリース



CLEAVE G10 Bumper for iPhone

「CLEAVE G10 Bumper for iPhone」は、バンパーの主素材に特殊樹脂のG10を採用しており、G10とはガラス繊維の織物を積層して高温高圧で固めた材料で、耐熱性が高く、耐衝撃性に優れ形状変化も少ないため水分や薬品の影響もほとんど受けず、さらに電気を流しにくく電波を通す特性を持つため、4G、5Gを含むデータ通信、通話、ワイヤレス充電、Apple Pay、NFC通信、モバイルSuicaなどへの影響がないのも特徴です。

また、「iPhone 13 Pro」用のみ、背面用のアラミド繊維製(デュポン社のケブラー)のシートが付属しており、シートは傷付きやすい背面を強固に保護するだけなく、カーボンファイバーを思わせる織目模様がオリジナルにはないソリッドでハードな印象へ変化させます。

カラーはマットブラックのみで、価格は8,980円(税込)となります。

CLEAVE G10 Bumper for iPhone – Deff
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。