LG Display、Appleにパンチホール型ディスプレイを供給か

韓国のTHE ELECが、LG Displayが、Appleが来年に発売する「iPhone 14」シリーズ向けに LTPO(低温多結晶酸化物)方式の薄膜トランジスタ(TFT)有機ELパネルを供給することが分かったと報じています。

LTPO TFTは120Hzのリフレッシュレートに対応し、スマートフォンメーカーがプレミアムモデル向けの有機ELパネルに採用している先進技術で、「iPhone 13」シリーズでは”Pro”モデル向けにSamsung Displayが独占的に供給しています。

2022年にはLG Displayも6.68インチの「iPhone 14 Pro Max」向けにLTPO TFT OLEDパネルの一部を供給する予定で、6.06インチの「iPhone 14」向けはSamsung Displayが引き続き独占的に供給する模様。

また、LG Displayは、パネルの上部にフロントカメラ用の穴が開いているパンチホール型のLTPO TFT OLEDパネルも供給する予定とのことで、パンチホール型ディスプレイは「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルに採用されると過去に報じられているものの、今回の情報では特にどのモデルに採用されるかなどは触れられていません。

「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルはパンチホール型ディスプレイを採用か Apple、「iPhone 14」シリーズ向けパンチホールディスプレイの供給に向けSamsungやLGと交渉開始か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。