「iOS 15.2」と「iPadOS 15.2」ではMacやPCを使わずにロックされたデバイスの消去・リセットが可能に

Appleが昨日に正式にリリースした「iOS 15.2」と「iPadOS 15.2」では、MacやPCを使わずにパスコードロックされたiOSデバイスの消去およびリセットが可能になっていることが分かりました。

これはAppleが公開したサポートドキュメントから明らかになったもので、パスコードを忘れてしまった場合、Apple IDとパスワードを使ってデバイスを消去し、リセットすることが可能です。

デバイスのリセットに必要なのは、「iOS 15.2」および「iPadOS 15.2」以降とモバイルデータ通信またはWi-Fi ネットワークへの接続、デバイス設定時に使用したApple ID とパスワードで、実際のリセット方法は下記の通り。

デバイスをリセットする方法

  1. デバイスのロック画面からパスコードの入力を試し、後でもう一度試すようにデバイスの画面に表示されるまで続けます。入力できる状態になったら、画面の右隅に「[デバイス] を消去」オプションが表示されるようになるまで、この手順を繰り返してください。
  2. iPhone に「セキュリティロックアウト」画面が表示されているところ。「[デバイス] を消去」オプションが画面の右隅に表示されています。
  3. 「[デバイス] を消去」をタップし、確認のためもう一度「[デバイス] を消去」をタップします。
  4. Apple ID のパスワードを入力して、デバイスで Apple ID からサインアウトします。
  5. 「[デバイス] を消去」をタップすると、デバイスからデータと設定がすべて完全に削除されます。
  6. デバイスが再起動したら、画面に表示される指示に従ってデバイスを再び設定し、データと設定をバックアップから復元して、新しいパスコードを設定します。

なお、詳細は下記のサポートドキュメントをご覧下さい。

パスコードを忘れてしまった場合に iPhone、iPad、iPod touch をリセットする方法 – Apple

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。