携帯大手3社、キャリアメールのアドレスを持ち運べるサービスを月内に提供開始へ

読売新聞によると、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話大手3社が、携帯各社の契約に紐付いたキャリアメールについて、携帯会社を乗り換えても続けて利用できるサービスを導入する方針を固めたことが分かりました。

これまでは携帯会社間でキャリアメールを持ち運べず、政府は利用者の乗り換えを妨げるとして各社に改善を求めていたようで、3社とも月内に有料でサービスの提供を開始する予定とのこと。

利用者は乗り換え前の携帯会社に料金を支払うことで引き続き同じメールアドレスを利用出来る仕組みで、利用料は月額300円程度になる見通しで、早ければ今週中にもサービスの提供を開始する会社もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。