「iPhone 14」シリーズのProモデルは8GBのRAMを搭載するとの怪しい情報

MacRumorsによると、アナリストであるJeff Pu氏が、「iPhone 14 Pro」は4800万画素のカメラと8GBのRAMを搭載すると予測していることが分かりました。

同氏は、「iPhone 14」シリーズの2つの”Pro”モデルは、アップグレードされた4800万画素の広角カメラと1200万画素の超広角カメラと望遠カメラの3眼カメラ構成になると予測しており、4800万画素カメラについては、以前にアナリストのMing-Chi Kuo氏が報告していた情報と一致しています。

また、”Pro”モデルには8GBのRAMが搭載されるとも予想しています。
(現行のiPhone 13 Pro/13 Pro MaxのRAMは6GB)

ただ、同氏の情報には怪しい内容(iPhone 14のストレージ容量が64GBからになるなど)のものもあり、Apple Trackが集計している同氏の正解率は50%台と、あまり信憑性のない人物となっているので、今回の情報もあくまで噂として捉えておいた方が良さそうです。

Apple系リーカーおよび情報サイトのリーク情報の精度ランキング(2021年9月末時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。