「ソフトバンクポイント」が来年4月よりスタート − 「PayPay」に交換可能

本日、ソフトバンクが、同社の携帯電話などを利用のユーザーを対象に、毎月の通話・通信料の支払いなどで貯まる「ソフトバンクポイント」の提供を2022年4月1日(金)から開始すると発表しました。

「ソフトバンクポイント」は、キャッシュレス決済サービス「PayPay」で利用できる「PayPayボーナス」への交換や、ソフトバンクのサービスなどで利用可能です。

これに伴い、毎月の通話・通信料の支払などに対する「Tポイント」の付与は、2022年3月31日(木)をもって終了するとのこと。毎月の通話・通信料に応じたTポイントの付与は2022年3月度ご利用分までとなり、また、毎月の通話・通信料や機種代金へのTポイントの利用は2022年3月31日(木)受付分をもって終了となります。

4月1日以降は、貯まっているTポイントをソフトバンクポイントに交換することで、毎月の通話・通信料や機種代金などの支払いに利用出来るようになり、Tポイントからソフトバンクポイントへの交換期間は2022年4月1日(金)から2023年3月31日(金)までで、Tポイントから交換されたソフトバンクポイントは、PayPayボーナスへの交換およびソフトバンクカードへのチャージには利用出来ないので注意が必要です。

なお、全国のTポイント提携先では2022年4月1日(金)以降も継続してTポイントを利用することは可能です。

ニュースリリース
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。