Apple、ユーザー自身で修理しても保証対象外にならない「セルフサービス修理プログラム」を来年より導入へ

本日、Appleが、Apple製品をユーザー自身で修理しても保証対象外としない「Self Service Repair(セルフサービス修理)」プログラムを発表しました。

「iPhone 12」と「iPhone 13」が対象となっており、将来的にはM1チップ搭載Macも対象になる予定ですが、誰でも勝手に修理できるわけではなく、「電子機器を修理するための知識と経験を持つ技術者」が対象で、正規の修理マニュアルを読み、新たに開設されるオンラインストア「Apple Self Service Repair Online Store」から修理に必要な正規の部品とツールを購入する必要があります。

なお、2022年からまずは米国で開始され、順次提供地域を拡大していく予定とのことですが、日本での展開時期などは不明です。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。