「iPhone 14」はWi-Fi 6Eに対応か

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、来年に発売される「iPhone 14」シリーズはWi-Fi 6Eに対応すると予測しています。

また、「iPhone 14」だけでなく、AppleのヘッドマウントディスプレイもWi-Fi 6Eをサポートすると予測しています。

Wi-Fi 6/6E/7と5Gのミリ波は、ヘッドマウントディスプレイデバイスに最適な接続技術で、バッテリー寿命を考えると、ほとんどのワイヤレスヘッドマウントディスプレイが最新のWi-Fi仕様に対応するのは2~3年後で、2~3年後にはハイエンドのヘッドマウントディスプレイが最新のWi-Fi仕様と5Gミリ波の両方を搭載すると予想されています。

同氏は、2022年までにメタバースのデバイス市場で最も影響のあるブランドは、Meta(Facebook)、Apple、ソニーになると予測しています。

Metaは2022年下期、Appleは2022年第4四半期、ソニーは2022年第2四半期にヘッドマウントディスプレイの新モデルを発売し、MetaとAppleの製品はWi-Fi 6Eに対応し、ソニーの「PS 5 VR」はWi-Fi 6に対応する予定とのこと。

[via cnBeta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。