Microsoft、「Windows 10 November 2021 Update (バージョン 21H2)」の一般提供を開始

本日、Microsoftが、「Windows 10」向けの最新の機能アップデート「Windows 10 November 2021 Update(バージョン 21H2)」の一般提供を開始しました。

「November 2021 Update(バージョン 21H2)」の新機能は、Wi-Fiセキュリティを強化するWPA3 H2E規格に対応した他、Windows Hello for Businessに簡素化されたパスワードレスのデプロイメントモデルの追加、Windows Subsystem for Linux(WSL)およびAzure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)でGPUコンピューティングに正式対応などとなっています。

「Windows 11」にアップグレードしたくないユーザーやアップグレードできない端末を利用する「Windows 10」ユーザー向けで、Windows Update経由で段階的に配信が開始されます。

なお、「Windows 10 更新アシスタント(Windows 10 Update Assistant)」を利用することで、配信を待たずに手動でアップデートすることも可能です。

公式ブログ – Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。