「Windows 11」のエラー画面「BSOD」、次期アップデートで再びブルースクリーンに

Windowsのエラー画面と言えばブルースクリーン(死のブルースクリーン/Blue Screen of Death/BSOD)が有名だったものの、「Windows 11」からは黒いブラックスクリーンに変更されてしまいましたが、「Windows 11」の次期アップデートでまたブルースクリーンに戻ることが分かりました。

これは昨日にWindows Insider ProgramのBeta/Release Previewチャネル向けにリリースされた「Build 22000.346」で明らかになったもので、同ビルドの変更点にも下記の通り、以前のWindowsのようにエラーが発生した際の画面のカラーを青に変更したと案内されています。

We changed the screen color to blue when a device stops working or a stop error occurs as in previous versions of Windows.

なお、Beta/Release Previewチャネルで問題がなければ一般リリースとなりますので、来月のアップデートで適用されるものと予想されます。

[via arstechnica

「Windows 11」ではブルースクリーンエラーがブラックに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。