「Windows 11」ではブルースクリーンエラーがブラックに

Windowsのエラー画面と言えばブルースクリーン(死のブルースクリーン/Blue Screen of Death/BSOD)が有名ですが、The Vergeによると、「Windows 11」のエラー画面は黒を基調としたブラックスクリーンに変更されることが分かりました。

BSODは「Windows 3.0」で初めて導入され、デザインの変更は2012年に顔文字入りに、2016年にQRコードが追加されて以来となっており、「Windows 11」のエラー画面は上記スクリーンショットの通り、ブラックを基調としたカラーが特徴ですが、それ以外の項目は変更なく、なぜブラックなのか理由は不明とのこと。

なお、プレビュービルドのエラー画面はグリーン(緑)を基調としたものとなっています。

「Windows」でお馴染みのエラー画面「ブルースクリーン」が「グリーンスクリーン」に ー 最新のInsider Preview ビルドで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。