「OneDrive」デスクトップアプリ、「Windows 7/8/8.1」向けは来年3月に機能停止へ − 今年末でサポート終了

Microsoftが、クラウドストレージサービス「OneDrive」の「Windows 7/8/8.1」向けデスクトップアプリが来年3月で利用出来なくなることを案内しています。

これは新しい技術やOSにリソースを集中させ、ユーザーに最新かつ安全な体験を提供する為で、まず、2022年1月1日から「Windows 7/8/8.1」にインストールされた「OneDrive」デスクトップアプリ向けのアップデートの提供が終了となり、2022年3月1日をもってクラウドとの同期も停止されます。

2022年3月1日以降はファイルが同期されなくなる為、引き続き利用するにはウェブ版に直接アップロードおよびアクセスすることが推奨されています。

なお、今回の措置はあくまで個人向け「OneDrive」デスクトップアプリを使用しているユーザーが対象で、職場用または学校用「OneDrive」デスクトップアプリを使用してる場合、アプリのサポートは「Windows」のサポートライフサイクルに合わせて行われるとのことで、「Windows 7」および「Windows 8.1」は2023年1月10日まで延長サポートが提供されています。

[via MSPU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。