「homeOS」の名前がまたAppleの求人情報に登場

今年6月、Appleの求人情報に未発表OSの「homeOS」の名称が登場したことをお伝えしましたが、MacRumorsによると、Appleの求人情報にまた「homeOS」の名前が登場していたことが分かりました。

AppleはMacRumorsが報じた後に当該の求人情報を削除していますが、10月12日付けで掲載されていた求人情報は、「Apple Music」チームでのiOSエンジアリングに関する仕事内容の人材を募集するもので、その中で、iOS、watchOS、tvOSと並んで「homeOS」の名称が使用されていた模様。
(下記ツイート参照)

6月の求人情報での「homeOS」の記載は、その後、「HomePod」に置き換えられた経緯がありますが、Appleが別の求人情報で「homeOS」を再度利用していることから、同社が「homeOS」を発表に向けて水面下で準備しているのか、あくまで同社内部だけで使用している名称のどちらかである可能性がありそうです。

Apple、「WWDC21」で「homeOS」を発表か − 求人情報から明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。