iFixit、「MacBook Pro 16インチ (2021)」の分解動画を公開

iFixitが、Appleが先日に発売した新型「MacBook Pro 16インチ(M1 Proチップ搭載モデル)」の分解動画を公開しました。

本モデルでは、バッテリーの取り外しがロジックボードを取り外さなければいけなかった前モデルに比べて容易になっています。ただ、中央の2つのバッテリーセルはトラックパッドを取り外す必要があります。

また、冷却ファンが前モデルに比べて大型化されており、筐体が厚くなったことで、スピーカーシステムのスペースもより多く確保されています。

バッテリー容量は99.6Whで、前モデルの2019年モデルは99.8Whだったので僅かに減少しているものの、M1 Pro/Maxチップの効率向上によりバッテリー駆動時間は向上しています。

さらに、ディスプレイケーブルの設計も刷新され、ディスプレイを開閉した時にケーブルに余裕が出来るようになっていることから問題が起き難くなっており、USB-Cポート、MagSafeポート、ヘッドフォンジャックはモジュール化されていて修理交換が容易になっていますが、HDMIとSDカードスロットはロジックボードにはんだ付けされています。

(ディスプレイケーブルの写真)

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中4点(スコアが高い方が修理し易い)で、前モデルの1点よりは向上しているものの、まだまだ修理し難いとの評価となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。