新型「MacBook Air」の組立は中国のWingTechが独占受注か

(新型MacBook Airの予想レンダリング画像)

中国の中国証券報が、サプライチェーン関係者の話として、中国の携帯電話ODM大手のWingTech(聞泰科技)が、Appleが2022年に発売する新型「MacBook Air」の組み立てを独占的に受注したようだと報じています。

同社はAppleの認定工場の審査に合格し、来年に発売される新型「MacBook Air」の組み立てを独占的に受注した他、Appleから他のプロジェクトも受注しているようです。

WingTechの子会社であるNexperiaは「iPhone」向けにパワーデバイスを供給しており、今年前半には「iPhone」向けにカメラモジュールを供給している欧菲光集団(OFILM)の一部事業を買収し、業界関係者の間では、WingTechはこれを利用して「iPhone」のカメラモジュール事業にも参入するのではないかとみられています。

なお、新型「MacBook Air」については、デザインが刷新され、2022年中頃に発表されるものと噂されています。

[via EMSOne

最新の情報を反映した次期「MacBook Air」の新たな予想レンダリング画像 − 著名リーカーが公開 次期「MacBook Air」はやはりミニLEDディスプレイを採用か − 次期「iPad Pro 11インチ」にも採用との情報も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。