初代「iPod」の貴重な試作機の写真が公開される

現地時間の10月23日で「iPod」が登場から20周年を迎えましたが、PanicのCabel Sasser氏が、かなり初期の段階の「iPod」の試作機の写真を公開しました。

試作機はディスプレイや簡易的なスクロールホイール、上下左右に割り当てられたボタンが搭載されている他、本体上部にはイヤホンジャックやFireWireポートが搭載されています。

また、「iPod」と並べた写真を見るとその大きさが分かりますが、ディスプレイは「iPod」と同程度のサイズのものが搭載されており、中身は何もない部分が大部分を占め、動作確認の為の試作機であることが分かります。

なお、「iPod」の生みの親でもあるTony Fadell氏がこの試作機についてツイートしており、この試作機はApple内部で「P68/Dulcimer」と呼ばれ、「iPod」の最終設計が完了する前に作られた試作機のようです。

[via 9To5Mac

「iPod」が発表から20周年を迎える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。