Microsoft、「Windows 10 November 2021 Update」をRelease Previewチャネル向けに提供開始 – ISOファイルも

本日、Microsoftが、「Windows 10 November 2021 Update (Windows 10, バージョン 21H2)」をまもなくリリースすることを発表しました。

本日よりWindows InsiderプログラムのRelease Previewチャネルにおいて「Windows 10 November 2021 Update」のRC版(リリース候補版/ビルド19044.1288)の配信が開始され、問題がなければ正式リリースとなります。

「Windows 10 November 2021 Update」、「WPA3 H2E」のサポートでWi-Fiセキュリティが強化される他、Windows Subsystem for Linux(WSL)およびAzure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)でGPUコンピューティングをサポートし、機械学習やその他のワークフローにも対応します。

また、新機能として発表されていた「Windows Hello for Business」のサポートは間に合わず、将来の月齢アップデートで提供される予定です。

なお、開発者に対しては、本ビルドのISOイメージファイルの配布も開始されています。

Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。