M1 ProチップのGPU性能 (OpenCL) のベンチマークスコアも明らかに − 現時点で判明しているスコアのまとめも

昨日から本日にかけて新型「MacBook Pro」に搭載されているM1 ProチップとM1 Maxチップの各種ベンチマークスコアの情報をお伝えしていますが、その後、M1 ProチップのGPU性能(OpneCL)のベンチマークスコアも明らかになりました。

M1 Proチップ(10コアCPU/16コアGPU)のOpenCLベンチマークのスコアは「38359」で、M1チップ(8コアCPU/8コアGPU)のスコアが「19000」ほどなので約2倍となっており、M1 Maxチップ(10コアCPU/32コアGPU)と比較すると約6割ほどの性能となるようです。

なお、現時点までに判明しているGeekBenchの各ベンチマークのスコアをまとめてみたのが下記の表です。
(「AMD Radeon Pro 5600M」は前モデルである「MacBook Pro (16-inch, 2019)」に搭載出来た最上位GPU)

CPU性能のベンチマーク結果

 シングルコアマルチコア
M1 Pro
MacBookPro18,1
10コア/32GB RAM
170711030
M1 Pro
MacBookPro18,3
10コア/32GB RAM
176711777
M1 Max
MacBookPro18,2
10コア/64GB RAM
174911542
M1 Max
MacBookPro18,4
10コア/64GB RAM
173812447
M1
MacBook Pro (13-inch Late 2020)
8コア/8GB RAM
17057382

GPU性能のベンチマーク結果

 OpenCLMetal
M1 Max
10コアCPU/32コアGPU
6016768870
M1 Pro
10コアCPU/16コアGPU
38359
M1
8コアCPU/8コアGPU
1900021000
AMD Radeon Pro 5600M4494241000

追記(2021年10月24日)

その後、全てのモデルのベンチマークスコアが明らかになったので、詳細は下記エントリをご覧下さい。

M1 Proチップの8コアモデルのベンチマークスコアが明らかに − 全モデルのベンチマークスコアのまとめも更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。