Apple、「Motion 5.6」をリリース

本日、Appleが、「Motion 5.6」をリリースしています。

今バージョンでは、シーン内のオブジェクトを自動的に追跡し、シネマティックモードで撮影したビデオを編集可能なった他、新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験できるようになっています。

オブジェクト・トラッカー

  • エフェクト、タイトル、またはジェネレータをビューアにドラッグすることで、機械学習を使用して顔やオブジェクトの動きを自動的に検出、追跡、照合
  • インスペクタからトラッカーを手動で追加し、マスクの形状を調整し、さまざまなタイプのトラッキング解析から選択
  • タイムラインでトラッキングエディタを使用して、既存のトラックのセグメントを素早く削除または再解析
  • ビューアのトラッカーソースのドロップダウンを使用して、既存のトラックにタイトルやジェネレータを追加
  • オブジェクト・トラッキングで、Apple Neural Engineを使用してAppleシリコン搭載のMacでのビデオ解析を高速化

シネマティックモード

  • iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)
  • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更、および時間の経過に合わせてエフェクトを変化させるためにキーフレームを追加
  • ビューアのシネマティックツールで顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択
  • ビデオタイムラインで焦点ポイントを表示または削除

ネオンフィルタ

  • テキスト、図形、ビデオ、静止画像などにネオングローを簡単に追加

なお、価格は6,100円で、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Motion – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。